Bellydance

Bellydance

 

 

ベリーダンス(オリエンタルダンス)は諸説ありますが世界最古の舞踊であると言われています。

発祥はエジプト・ペルシャ、などと言われているものの実際は定かではありませんが、紀元前古代エジプト文明の民芸品や古代ギリシャの彫刻に踊りの原型のようなものが残されていることから、ベリーダンスが世界最古の踊りであると言われています。

 

ベリーダンスは、古来より五穀豊穣を祈る豊穣祈願・母体礼賛・女神信仰などのために踊られてきました。

自然と関わりが深く、大地・水・火などがテーマになり、裸足で身体に自然な動きで踊るのは、自然や砂漠の中で踊ることが多かったからだといわれたりもしています。

ベリーダンスは即興で一人のダンサーが踊るのが特徴で、個性や個人の表現をとても大切にする踊りといえます。

 

イスラム文化が誕生すると女性は男性から隔離されました。

このためベリーダンスは女性の楽しみとして中東全域に広がっていったといわれています。

肌の露出に厳しいイスラム圏でベリーダンスが文化であるという一見矛盾した文化様式ではありますが、ベリーダンスは深く中東に根付いた芸術であり、文化であるとともに、女性性を最大限に生かす踊りであること、その神秘的な衣装などにより、世界中で流行することになります。

ちなみにベリーダンスとは英語圏で生まれた言葉で、Belly腹部のDance踊りという意味になり、本来は、「オリエンタルダンス」「Raks Sharkiラクスシャルキ(東方の踊り)」と呼ばれています。

 

女性の健康に非常に良い影響をもたらし、心身がリラックスできる身体の使い方、女性の美しさをひきたてる動きや衣装などが、ベリーダンスが年齢を超えて世界で流行し、世界中の女性を虜にしている理由であると言えるでしょう。